2014年1月11日土曜日

なんで?どうして?を大切に。


 こんにちは、学習塾FLAPSの佐藤直紀です。


今日は1月18日に行われる次の『体験型ジッカン講座』についてお話しようと思います!


静電気の実験
~電気クラゲと遊ぼう~



静電気はみなさん知っていますよね。


セーターを着るときにバチバチ音がしたり、ドアを開けるときにバチッと痛みがあったりする、

アレです。



力の小さい、弱い電気というイメージが付きがちですが、

実は、雷も静電気のひとつです。



できるだけ簡単に、静電気が何者なのか触れてみたいと思います。



どんなものも、原子という粒が集まってできています。

原子は、プラスの粒とマイナスの粒を同じ量だけ持っています。



この原子と原子をこすり合わせたとき、マイナスの粒がはがれてもう一方にくっつきます。


マイナスの粒が少なくなった原子は、マイナスの粒を欲しがります。


それで、近くにある原子のマイナスの粒を奪い取ります。




この、マイナスの粒の移動が電気です。


マイナスの粒が欲しくてたまらない原子は、マイナスの粒が余っている原子と引き合います。


逆に、


マイナスの粒が余っている原子同士は、もうマイナスを奪いたくないので反発します。



この電気を使って電気クラゲをふわふわと空中散歩させるのが今回の実験です。















さて、先ほど、雷も静電気のひとつだとお伝えしました。



雲の中で水や氷の粒がこすれ合い、マイナスの粒が移動して静電気がたまります。

雲の中でマイナスの粒をやり取りする原子が見つからないとき、

マイナスの粒は近くの高い建物に飛んでいきます。これが雷です。



では、どうしてマイナスの粒のやりとりが体を通ると、痛いのでしょうか?

なんで”静”電気なんだろう?”動”電気もあるのかな?


なんで?


どうして???


知的好奇心に大人も子供も関係ありません。















なんで?どうして?を持つ習慣。

自ら行動して。体験して。自分で理解する習慣。


これは、すべての学問、ひいては人生に通じるところだと思います。



フラップスでは、習慣を育て、学力を伸ばしていきます。


みなさんの来塾を、心待ちにしています!!