2014年3月24日月曜日

ご卒業おめでとうございます!


こんにちは、学習塾FLAPS淵野辺校の佐藤直紀です。

最近は気温もあがり、いよいよ春めいてきました。

桜の開花も目前です。


地域の小中学校では、卒業式や終業式が行われています。




小学校6年生のみなさん、中学校3年生のみなさん。

ご卒業おめでとうございます。


学校生活の中で、たくさんのことを学び、成長したのだと思います。

笑い、泣き、そして時に感情的になりながらも、みなさんは前に進んだのだと思います。

そして、卒業生のご両親の方々。

言葉には到底できないような深い愛情を注がれて、子供たちは毎日毎日大きくなっていきます。


受験生のご両親から、

「ここまで頑張ってきたのを知っているから、受験前のこの瞬間も気をぬかず、目標をつかみとってほしい。がんばりなさい。勉強は終わったの?と応援したい。でもそれがプレッシャーになってもいけないし…」

と、ご相談いただいたことがあります。

時には受験生本人のプレッシャーを上回る緊張感で日々を過ごしていたかもしれません。


是非よろこびを分かち合い、卒業のお祝いをして頂ければと思います。



さて、FLAPSの生徒たちも卒業式の話をたくさんしてくれていますが、卒業がゴールではないことをみんな分かってくれているようです。

3月26日から、春期講習がスタートします。






















各学年、次の一年に備え、好スタートがきれるようにと意気込んでくれている生徒がたくさんいます。

特に春休みは、どの生徒もスタートダッシュをきるために準備をすることが多く、またご両親からも
「春休みに復習と予習をしておかないと、一年の初めから授業についていけなかったら困るから。」とお話しを頂いております。

「自分の成績の基準」が決まるのもこの時期です。

A君「一学期末のテストで80点をとった。二学期末で60点を取った。くやしい。」

B君「一学期末のテストで40点をとった。二学期末で60点を取った。うれしい。」

A君とB君は、二学期のテストの点数が同じです。しかし、『60点』のとらえ方は正反対です。
この場合、
A君は、今回の悔しさをバネに、きっと学年末の点数をのばすための努力を惜しまないでしょう。
一方、
B君は二学期の点数が上がったことでちょっぴり満足してしまい、学年末の大事なテストで油断してしまうかもしれません。

すべては、最初の一学期の結果 です。


いずれにしても、春休みは気が抜けやすいと思います。勉強の習慣と緊張の糸だけは切らず、最低限の学習を忘れないでほしいです。


春期講習の内容・スケジュールに関しましては、お電話にてご説明できればと思います。

些細なことでもご相談ください。

失礼いたします。