2014年12月1日月曜日

日米野球2014

こんにちは。

本日ブログを担当させていただきます、


学習塾FLAPS淵野辺校 英語科講師



中村諒です。



突然ですが、私、


野球


が大好きです。



特にメジャーリーグと呼ばれるアメリカの野球が好きで、

小学生のころは、野茂選手やイチロー選手の活躍をずっとテレビで見ていました。

その中で、「いつかアメリカの野球を生で見てみたい!」と考えるようになり、

英語の勉強に目覚めたくらいです。

(いまだに生メジャーリーグ観戦は出来ていませんが…)





さて、先日、そんな野球好きがドキドキワクワクしてやまない





 「日米野球」 





が開催されました。


日米野球といえば、日本の一流選手と現役のメジャーリーガーが対戦とするという

夢のような試合です。

この日米野球ですが、歴史は意外に古く、

1908年から、およそ100年に渡り、2006年までに計37回行われています。

(初期の時代は日本にプロ野球が無かったため、アマチュア選手対メジャーリーガーです。)


その中で、日本がアメリカ相手に勝ち越しを決めた回数は


なんとたったの2回です。


アメリカの強さが際立っていますね。


今回は実に8年ぶりの開催ということもあり、大いに注目をされていました。

すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、

結果はなんと・・・・・・・




3勝2敗で日本の勝ち越し!!!!!!!!!





いやはやスゴイ!!

アメリカ相手にノーヒットノーランを決めるなど、内容も申し分ありませんでした。



100年前の日本人からすると、「あれだけボロボロにされたアメリカに

勝ち越すなんて、しかもノーヒットノーランを決めるなんて!」

と、本当に信じられないような気持ちになると思います。



今回、日本代表を見ていて全員の選手が、


「絶対に勝つ」という

強い気持ち




「絶対に勝てる」という

強い自信


を持っているように感じました。




昔はあれだけやられていたのに、どこからそう思えたのでしょうか。




もちろん、日本の野球レベルがここ数年でぐっと上がったこともあると思いますが、

 
それもこれも全て、 日々の小さな積み重ね から来ているのです。


恐らく選手の方にインタビューをすると


「誰よりも練習した!」


と胸を張って答えることと思います。





これって勉強でもそうですよね。



毎日、こつこつと積み上げたものが自分の自信となり、気持ちになる。



勉強に対してどこか自信の無いあなた、



本当に 「誰よりも勉強した!!」 と胸を張って言えますか?




「言えない…」 という人も「やってると思うんだけど…」という人も



どこか自信が無いのであれば、まだまだ出来る証拠です。



FLAPSではそのためのお手伝いをいくらでもさせてもらいます。




先週の中島先生ではないですが、「自分にはこれが限界だ。」という


固定観念を取っ払ってやりましょう!!!



まだまだ出来る。


一緒に頑張りましょう!!