2015年6月1日月曜日

トマトはお好きですか?

こんにちは。


FLAPS淵野辺校英語科講師


中村諒(なかむらりょう)です。






本日より6月となりますが、中学生の生徒さんはいよいよアレが近付いて来ていますね。




そうです、期末テストです。





皆さん、勉強は進んでいますか?






 
「バッチリです!!」という方は、是非そのまま頑張りましょう。

 
困った時はFLAPS講師陣を頼ってくださいね。








一方で、

「うーん、勉強しないといけないけど・・・イマイチ集中できなくて・・・」

というあなた!



あなたにお勧めします!




本日は小・中学生問わず、なかなか勉強に集中できない方

お勧めのテクニックのご紹介をします。




誰でも気軽に出来るので、是非試してみて下さいね。







その名を、




「ポモドーロ・テクニック」





と言います。



やり方は簡単です。



    25分間集中して5分休憩する。
(この30分をポモドーロと言います。)


    4ポモドーロ終えたら長めの休憩(1530)を取る。



タイマーなどで時間を計りましょう。



これを繰り返すだけです。




人間の集中力の持続時間は大人でも90分程度だと言われています。



あらかじめ短い時間に区切ってその時間だけ集中しようという作戦ですね。





取り組む前に、「今日は3ポモドーロやってみよう!!」というように




目標を決めるとやりやすいと思います。





私も幼いころは集中力が欠如しており苦労しましたが、

高校生の頃、短い時間に区切って勉強してみたところ
(当時はポモドーロ・テクニックの事は知りませんでしたが・・・)



集中力が持続し内容がスムーズに頭に入ってくることを実感しました。







「ちょっとやってみようかな。」 と思ったあなた。



始める前に、これだけは気を付けてください。




絶対に破ってはいけないルールが二つあります。


それは、




・ポモドーロ中は一切他のことをしない!!


・ 時間の区切り (集中25分→休憩5) は完璧に守る!!!






この二つをきちんと守りましょう。

それが出来れば、勉強の習慣もすぐに身につくでしょう。




※小学生の生徒さんで、25分でも長く感じてしまう場合は

15分集中・5分休憩を1ポモドーロでも構いません。



大切な事は短い時間でも集中することです。





もしも

 
・ 「家だとどうしてもゲームの誘惑に勝てない・・・」

 
・ 「どの問題をやれば良いか分からない・・・」

 
などがありましたら、FLAPS講師陣までご相談ください!!

最適な問題をご用意致します。







※ちなみに、ポモドーロとはイタリア語でトマトを指します。


「トマト 画像 素材」の画像検索結果




トマトの形をしたキッチンタイマーを使い時間を計っていた事が、


 
このテクニックの由来のようです。



生徒さんのトマト嫌いも治るかもしれませんね。



ぜひお試しください!!!