2016年4月26日火曜日

行きたい高校について考えよう!

お世話になっています。


学習塾FLAPS淵野辺校、

講師の大東裕己(だいとう ゆうき)です。

 今回のブログは16日と23日に中学生向けに行われた。

合格・プランニング=ゴープラ

についてお話させて頂きます。


趣旨は高校受験に合格するために計画を立てようというものです。
今回は中学に入学したばかりの1年生と2、3年生を分けて行い、

内申や個票を挟むPass Book を作成しました!!



1年生には、高校受験とはどういうものなのかを一から教え、
中学校での内申の目標や指針を具体的に立ててもらいました。


その中で最も生徒が関心を持ち、驚いた表情をしていたのは、
内申点や偏差値を元に、高校の選択肢を絞っていく時でした。


というのも例えば、


5段階評価でオール3という数字は一見すると真ん中で‘普通’だと思われがちですが、
実際に内申点オール3で行ける高校は、相模原地域で言うと片手で数えるほどしかありませんでした・・・

自分の思っていた‘普通’の基準がいかに低いものかを痛感していたと思います。




何のために勉強をするのか。




目的や目標が定まっているから、苦しく厳しい時にも乗り越えることができます。
今から高校受験を意識している生徒がどれ程いるでしょうか。


FLAPSでは常に逆算思考を大切にしています。





そして、

2、3年生は行きたい高校に行くために、

何が必要なのかを見える化しました。



まず、自己分析


過去1年間を振り返り、


自分が何をしてきたのか

どんなことに喜び、楽しみを覚え、
逆にどんなことに苦しみ、悲しんだのか


これらを挙げてもらい、自分自身を知ってもらいました。



勉強面では、
最新の模試の偏差値、内申点を見える化し、
行きたい高校の基準と照らし合わせました。

その上で、内申点をいくつ上げる必要があるのか、
そのために定期テストで何点上げなければいけないのかを

未来目標シート

に書き込みました。


行きたい高校が既に決まっている生徒、そうではない生徒、
どちらも自分の将来に対して真剣に調べ、分析をしてくれていました!


年に3回開催されるゴープラはFLAPSの無料イベントというだけでなく、年間のカリキュラムにも含まれているほど重要な進路選択の場にもなっています。


知ることに、動き始めることに、早すぎるということは決してありません。

次回のゴープラもご参加お待ちしております!


今回のブログ担当は

大東裕己でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。