2018年5月26日土曜日


前回の続きです。前回のブログは5/19更新分です。


塾に通うことで勉強への意欲と自信が高まるのはなぜなのでしょう。

それは「学校の勉強がわかる!」が作れるからです。

FLAPSでは学校の授業の先回りをしています。


学校で初めて出てきた問題をクラスの生徒は「わからない」と言っている。

だけど先回りをしている子は「もう理解している」状態で迎えることができる。

学校の授業がすでに「復習」の状態になっているのです。

授業中の発言が増え、褒められ、認められることで成功体験として蓄積していき、

勉強に対しての自信が定着していきます。

また、学校は完全な強制です。日本中の子供たちが全員通っています。

学校で勉強するのは当たり前なのです。

ただし、塾は違います。学校以外で勉強している、という事実だけでも自信に繋がっていきます。

しかし、FLAPSの生徒を見ていて、低学年から通っている子と

通っていない子の一番の違いは「自信」ではありません。

では一番の違いとは何か。

それは「勉強」の捉え方です。

低学年から通ってくれている子たちは、勉強をすることが「当たり前」になっているように感じます。

宿題を出した時の反応が顕著です。

「えー」とか「やだー」という発言が早いうちから通っている子ほど少ないのです。

そして宿題を忘れる率も圧倒的に少ないのです。

「勉強」を生活の一部にする。

朝起きて歯を磨くように、夜帰ってご飯を食べるように、「勉強」を習慣化する。

これは、1年生から学校以外で勉強を頑張っている子供の特権です。

 勉強が好き!の時から勉強に力を入れる。

すごく大切なことだと思います。






2018年5月19日土曜日

小学校1年生から塾に通うって早くない? ①


まだ小学校に行き始めたばかりで、習っている範囲も狭いうえ、内容が簡単である小1の時期に、はたして塾に通う意味があるのだろうか?

FLAPSでは、そんなお言葉を何度か頂戴したことがあります。

確かに小1の段階でつまずいてしまったり、バツを沢山もらってしまったりすることは少ないでしょう。

だから「勉強が好き!!!」って答える子も多いのです。

初めての知識がどんどん入ってきて、丸をもらえて褒められて・・・。

であるなら、わざわざ塾に行かなくてもよい?


いえ、FLAPSでは
「勉強が好き!!!」という時期にこそ、塾に通う必要があると考えています。


3年生になると勉強の様子が変わってきます。

今まであまり周りと自分を比べることが少なかったのに、だんだんと差が明確になり、周りを意識し始めます。

問題が難しくなり、バツの量が増え、褒められることも減っていきます。

それと同時に、行動範囲が広がっていきます。

友達同士だけで自転車に乗って遊びに行くようになり、お小遣いを持って遊ぶようになり、外の世界を知る事で誘惑が増え、勉強を面倒に感じ出します。

そうなると「勉強が好き!!!」が「勉強ふつう・・・」になります。

4年生でいわゆる「10歳の壁」というものにぶち当たり、分からないからやらない、やらないから分からない、という負のスパイラルに陥ることになります。

そうなると「勉強きらい!」になる子も・・・。

勉強=おっくうなものとして認識され、「そろそろ・・・」と思う頃には手遅れに。

勉強への苦手意識が心の奥底で渦巻き、染み込みます。



では、学校の授業で「学力」や「勉強への意欲・自信」を高めることは不可能なのでしょうか?

答えは「できる」です。

ただし「勉強への意欲・自信」を高めるにはご家庭で相当の時間と努力が必要になるでしょう。誤解を恐れずに言ってしまうと、それはかなり難しいとみています。

決して、学校を「低く」みたり「否定」したりしているわけではありません。

学校は素晴らしいところです。


では塾に通うとなぜ、勉強への意欲が高まり、自信がついていくのでしょう?



続きは5/26(土)に更新予定です!

お楽しみに!!!



2018年4月27日金曜日

ゴールデンウィーク休校のお知らせ


いつもお世話になっております。

学習塾フラップス淵野辺校の熊谷です。

来週からゴールデンウィークですが
お出かけのご予定はお決まりでしょうか?




さて、本日は休校のお知らせです。

以下の日程で休校になりますので、お気をつけください。 


――――――――――――――――――――

休校のお知らせ
428日(土)~5月6日(日)

誠に勝手ながら
上記日程で休校とさせていただきます。
通常授業・自習室の開放は行っておりません。
お気を付けください。

――――――――――――――――――――



休みだからといって、勉強をしなくていい理由にはなりません。
計画を立てて、しっかり勉強しましょう!




――――――――――――――――――――

5月の自習室開放時間
12日(土)10時~20
19日(土)10時~20
26日(土)10時~20
平日 15時~22時00

――――――――――――――――――――

2018年4月2日月曜日

Spring has come !

お世話になっております。
淵野辺校 英語講師の熊谷です。

陽気も暖かくなって、桜も咲き、すっかり「春がきた!」といった感じですね。

そこで今回は、春とは切っても切り離せない、” ヤツ ”についてお話ししていきます。

2月初頭、ヤツは突然やってきました。
淵野辺校でも、多くの人々が悩まされています。
授業中にも鼻水や目のかゆみが気になって、思うように集中できない生徒がちらほら……


そう…… 花粉ヤツ です。


これを機会に、花粉症をきちんと理解し、自衛できるようにしてしまいましょう!



◎代表的な症状
鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、頭痛 など

◎原因とメカニズム
花粉が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体がつくられ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。
その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、アレルギー反応を引き起こしてしまうのです。

つまり花粉症の正体とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきたときに、それを排除しようとする「免疫反応」なのです。

わかりやすい図を見つけたので、ご紹介しておきます。
      ”
                       出典:エスエス製薬株式会社:アレジオン 花粉症のはなし~原因とメカニズム~
                                     
◎種類と時期
関東圏で飛散する花粉としては、以下のものが代表的です。

ハンノキ属 (カバノキ科)、スギ、ヒノキ科、イネ科、ブタクサ属(キク科)、ヨモギ属(キク科)、カナムグラ(アサ科) など

ふぅ…見ているだけで頭が痛くなってきます…

中でも悪名高いのは、
スギ  ヒノキ  ブタクサ
の3つかと思われますが、それぞれ飛散する時期が違います。

スギ    2月初頭~4月末
ヒノキ  → 3月中頃~4月末
ブタクサ → 8月末~9月末

スギとヒノキは飛散時期が被っているため、この時期に花粉症が悪化するという方は、両方に対してアレルギー反応が出ているということになります。

また、ブタクサというのは「草本(そうほん)花粉」というもので、イネ科やキク科、ブタクサ属などの、背が低い雑草の花粉です。
これらの植物の花粉は、スギなどと違って数10mの範囲にしか広がりません。そのため、その植物が生えている場所に近づかなければ、かなり花粉を避けることができます。
花粉の飛ばない時期に、どこに何が生えているかを確認しておき、飛散時期には近づかないようにしましょう。

◎症状を緩和する食べ物
近年、発酵食品が花粉症に効果があるということが明らかになっています。
免疫機能が乱れるとアレルギー疾患を引き起こしやすくなるため、腸内環境を整えて免疫機能をアップすることは花粉症対策につながります。

ヨーグルト、漬け物、納豆などを日常的に摂取することで、症状が軽くなったという報告もあるようです。
また、食物繊維にも腸内環境を整える効果があるため、海草類、根菜類もよいでしょう。
花粉症にお悩みの方はぜひお試しください。



以上、花粉症についてのまとめでした。
また、必要に応じて服用薬や目薬なども使い、花粉とうまく付き合っていきましょう!



【参考】
エスエス製薬 アレジオン 花粉症のはなし(https://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever/)
ドクトル大学 花粉症に効く食べ物って?原因を知って予防する(http://doctor-college.com/healthcare/detail/360)

2018年2月28日水曜日

2018年神奈川県高校入試合格速報

2018年の神奈川県高校入試の合格発表が2月27日にありました!!


FLAPS淵野辺校の結果をお伝えします。


県立受験者数 27名

厚木高校   
海老名高校      
弥栄高校       
麻溝台高校      
上溝南高校      
上溝高校       
橋本高校       
神奈川総合産業高校  
相模原総合高校    
上鶴間高校      
相模田名高校     
城山高校       
津久井高校      


私立単願組も合わせ、

志望校合格率

90.6%

となりました!!!

合格おめでとう。


一人一人にドラマがある。

今後のブログにて、エピソードを紹介できたらと、思います!!!

2018年1月27日土曜日

入試直前!!!

入試直前!!!

いよいよ神奈川県の県立入試が近づいてきました。

最後の模試の結果も返却され、中3の目の色がまた鋭くなったように感じます。

この最後の模試で「志望校」を確定される生徒も多くいます。

安堵したり、努力が実り歓喜したり、判定に届かず涙を流したり・・・。

FLAPSでは「受験」を将来の礎(いしずえ)にしてほしいと考えています。

「いける高校」ではなく「いきたい高校」へ。



中学校の野球部が、幼稚園児の野球チームに勝っても、得られるものは多くありません。

戦略もそのための練習も喜びも、まして涙を流すほどの感動もありません。

それがもしも、中学野球の全国大会優勝校との試合だったとしたら?

もちろん、実力がかけ離れすぎてもよくありません。

負けることを前提にするかもしれないし、本気で勝とうという気持ちが失われかねないからです。

メジャーリーグは難しいかもしれない。けれど相手は同じ中学生。

であれば・・・。

相手を研究する。戦略を立てる。練習を倍にする。本気で勝ちを狙いに行く。

結果は大切です。しかし、たとえ負けたとしても、それは本当に涙の出る負けになるでしょう。

何がいけなかった? どうすればよかった?

正しい反省が生まれれば、今後に生かすことができます。

もし勝ったなら、それは本当に雄たけびを上げるほどの喜びなのでしょう。
やればできる。努力は裏切らない。本気で取り組んでよかった。

実績は自己肯定感を生み、自信を呼び起こします。



そうやって目標を決め、それに向かって努力をしてきた結果(最後の模試)が今週返ってきたのです。

志望校をそのままにする生徒、レベルを上げる生徒、レベルを下げる生徒。

確かに様々ですが、やるべきことは変わらない。

ラストスパートです。志望校を下げても勉強をゆるめたりはしない。

むしろ逆です。結果が出なかったなら、「過去」より頑張らなくてはなりません。

受験」は高校に合格することが最終目標ではない。

自分を成長させること。やり抜く力をつけること。自分に打ち勝つ力をつけること。




今日も中3は「入試直前対策講座」を行っています。

10時から夜まで、入試予想問題を50分で解き、30分ほどの解説を聞く。

それを5回、1日で繰り返します。

今は丁度、4回目の解く時間。

生徒から「疲れ」の様子は見えません。

回を重ねるごとに上がっていく点数を噛みしめて、

それはまるで我が子を初めて抱いた母のような眼差しを向けています。



最後、やりきろう。

悔いを残さぬように。

笑顔で終わろう。

そして、一緒に泣こうな。



2018年1月22日月曜日

1/22 淵野辺校 休講のお知らせ

こんにちは。
いつもお世話になっております、学習塾フラップスの熊谷です。

本日は相模原市で大雪警報が発令されているため

小学生・中学生ともに休校とさせていただきます


本日の授業分は振替授業をさせていただきます。
なお、中学生の振替日程に関しては、別途ご連絡させていただきます。


<日程>

1/24(水)
16:30-17:25 小5 算数
17:35-18:30 小5 国語

1/26(金)
16:30-17:25 バード
17:35-18:30 小3 算数

1/27(土)
11:30-12:25 小3 国語


日程につきましては連絡網でもご連絡させていただきます。


宜しくお願い致します。